政策

10月から幼児教育・保育料の無償化がスタートします

速やかな実施を求めてきた制度がいよいよ動き始めます。全ての子育て世帯に経済的な負担軽減を実感してもらうためには、制度の周知徹底と業者への適切な情報提供が不可欠で、市は、相談窓口の開設や説明会の実施などの対応を行っています。これからも子育てしやすく、子どもたちがのびのびと成長できる環境を整えていくためのよりよい仕組みづくりを求めていきます。

全ての仙台市立学校にエアコンが設置されます

児童・生徒の熱中症対策として強く要望していた学校へのエアコンの設置工事が始まりました。泉区では、工事契約が完了した長命ヶ丘中、館中、住吉台中、根白石中に続いて、八乙女中も含めて令和2年3月6日までに順次設置を予定しています。小学校も今年度中にすべての工事発注を行う予定です。

高齢者が利用しやすい地域生活交通の支援拡充を提言しました

今後、高齢者の方たちをはじめ、誰もが日常的に利用しやすい交通手段の確保していくためには、地下鉄やバスなどの公共交通とタクシーなどの地域交通を効率的に結び付ける新しい交通体系の構築が必要です。6月、「交通政策調査特別委員会」委員長として、こうした内容の調査報告書を市に提出し、積極的な支援を求めました。

中小企業の元気支援と賑わう地域づくり

仙台市では建物の老朽化や広いフロアの確保など、事務系や商業施設の建て替えを進める助成を行います。これにより新たな交流拠点を再構築し、地域を支える商店・中小企業を支援し、都市の賑わいづくりを支援してまいります。

​庄司としみつ市政レポート

定期的に発行しています。

市政全般の課題と施策の議会報告と庄司としみつの議会質疑などをお届けしています。